07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

--

--/--

--.

--:--:--

スポンサーサイト 

Category【スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback -- |comment --

page top

 

2013

06/01

Sat.

16:59:18

花撮り物語<花切手2013-19.20>*麦ナデシコ*ポピーの花芯 

Category【花撮り物語

13hp31.jpg
13hp32.jpg

2013/05/22(水)晴れ。鴻巣市荒川左岸、ポピー畑。十時から一時。

毎年見に行っている、鴻巣市原馬室の麦ナデシコとポピー畑。ネットで、開花状況を確認すると、ちょうど見頃。

カメラ二台に、70-200f4、24-120f4のレンズをそれぞれ装着。大きなお花なので、マクロレンズは使わないだろうという判断。カメラバックにきっちり収めて、いざ出発。

途中、迂回して、鳥羽井沼から河川敷へ下りる。麦秋が近い。

良い天気に恵まれて、ポピー畑は盛況。濃い紫色のムギナデシコも、咲きそろっていた。

カートに、カメラバックを積んで、ゴロゴロ引きながら、お花畑を見て回る。

アマチュアカメラマンもたくさんいる。なかには、カメラ二台体制で、歩き回っているおばさんもいる。カートなどを引いているのは、自分一人だった。

お花のそばにしゃがみ込んで、さてどうしようか、なかなか気持ちが動かない。背景のことなど考えると、なおさらで、ますますやる気がなくなってしまった。

それでも、形のいい麦ナデシコ、それに、これまで撮ったことのなかったポピーの花芯に、カメラを向けた。

横着して、どちらにも三脚は使わなかった。明るい野外、開放絞りにすると、シャッタースピードは1000分の一秒ほど。手振れ補正もあるし、ブレることはないないだろう。

天気の良い日の野外撮影、自宅撮影にはない良さがある。開放的な気分、とても心地よい。とはいえ、作品作りには、制約が多すぎて、いまひとつ本気になれなかった。



FC2 Blog Ranking

関根俊和(sekinetoshikazu)on Twitter

此岸からの風景
www.sekinetoshikazu.com since 2005

thread: 植物の写真

janre: 写真

[edit]

page top

 

この記事に対するコメント

page top

 

コメントの投稿

Secret

page top

 

トラックバック

トラックバックURL
→http://sekinetoshikazu.blog47.fc2.com/tb.php/480-536e710b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。