FC2ブログ
10«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

2018

11/18

Sun.

13:16:55

<荒川写真紀行>2018 

Category【<荒川写真紀行>2018

DSC_7455copiihp.jpg

2018/11/10(土)晴れ、夕方にすこし雨。
十時、出発。いつものルートで、平井大橋下の無料駐車場へ向かう。念のために、ナビをセット。土曜日だけど、わりと車が多い。それでも、十一時過ぎに、現着。

チャリを下す。駐車場の隣の広い運動広場、芝生が青々としている。水辺には釣り客が、ちらほら。対岸上流には、高速中央環状線、葛飾ハープ橋が見える。

大きいのと、小さいのがある。世界初の曲線斜張橋で、名前は一般公募され、決められたらしい。ネットでの投稿写真もたくさんある。

右岸の土手道を遡上しながら、しつこく撮る。ただ、橋の真正面に来ると、なんとなく、写真が平板になる。やっぱり、正面構図は、面白くないな。

さらに行くと、一連アーチの四ツ木橋。土手下の広い舗道に出て、そのまま、橋の下を通り抜ける。少し行って、振り返り、写真を撮る。右岸の河川敷は、平井橋から、ずうっと、運動公園になっていて、少年野球などで賑やかだった。

と、見覚えのある、青い小ぶりの鉄塔が見える。その横には、中川に架かる、黄色いアーチ橋。スカイツリーがよく見える、というのでテレビで紹介され、人気スポットになっているらしい。ただし、昼過ぎからは、まるきっりの逆光、写真は無理。

今日は、風もなく、チャリをこぐのも楽。だが、日差しがきつくて、背中は汗だく。堀切橋の手前、川に架かる、高速六号線の、橋際の少し広くなった歩道で、一息入れる。給水して、三連アーチの堀切橋などを撮る。

さらに、橋を渡るために、一般道を100メートルくらい、チャリを押しながら歩く。川シモには高速六号線、橋桁の連結部?がV字になっていて、そこだけは面白いが、間延びして、何とも、写真にならない。

堀切橋の狭い舗道を、チャリを引きながら、川シモの景色を撮りながら渡る。渡り終えたところを右折して、左岸の土手に出る。河川敷に、先日止めた、堀切駐車広場が見えた。車が五、六台止まっているだけで閑散としている。

対岸に、スカイツリーがよく見えるのだが、この時間帯、逆光で、どうにもならない。横着して、水辺にもおりて行かなかった。とはいえ、四ツ木橋手前で、土手下の道に下り、橋の下を通り抜けた。

左手、土手の上に、ハープ橋が、大きく見える。やはり、橋そのものに、それほどの関心があるわけではない。それどころが、巨大な構造物には、威圧感を感じる。おざなりに撮って、通過する。

右手の河川敷に、背の高い草が生い茂っていて、川の流れは見えない。と、道に、きれいなニャンコがいる。道沿い、茂みの中に、ちいちゃな小屋らしきものが、点々としている。明らかに、ニャンコのお家だ。

茂みの中に、おじさんの姿が、ちらっと見えた。ゴハンをあげている感じ。河川敷で、ニャンコを飼っているわけだ。まあ~~~、俺もそうだが、どこにでも、ニャンコ好きな人がいるもんだ。

あとは、逆光ではあるが、補正できるかもしれないと思い、対岸のスカイツリーを撮りながら、中央環状の、巨大な橋脚の下を軽快に走った。ここは、地獄の一丁目!!!遠くに、平井大橋が見え、駐車場の車が見えた。汗だくだったが、不快感はなく、疲れてもいなかった。


DSC_7503copiihp.jpg

DSC_7517copiihp.jpg

DSC_7527copiihp.jpg

DSC_7563copiihp.jpg

DSC_7568copiihp.jpg

DSC_7571copiihp.jpg


[edit]

page top

 

この記事に対するコメント

page top

 

コメントの投稿

Secret

page top

 

トラックバック

トラックバックURL
→http://sekinetoshikazu.blog47.fc2.com/tb.php/605-648f946a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top