05«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

--

--/--

--.

--:--:--

スポンサーサイト 

Category【スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback -- |comment --

page top

 

2016

05/08

Sun.

11:20:50

<花写真>2016年版 

Category【<花写真>

<花写真>2016-12.13.14.15
 ハナツルシノブ


2016-16hp.jpg
2016-17hp.jpg
2016-20hp.jpg
2016-43hp.jpg


500px.com/sekinetoshikazu

[edit]

page top

 

2016

04/27

Wed.

09:59:27

<花写真>2016年版 

Category【<花写真>

<花写真>2016-9.10.11 ルピナス

2016-15hp.jpg
2016-14hp.jpg
2016-13hp.jpg


500px.com/sekinetoshikazu

[edit]

page top

 

2016

04/07

Thu.

12:13:57

<花写真>2016年版 

Category【<花写真>

<花写真>2016-7.8 シャコバサボテン

2016-4hp.jpg

2016-8hp.jpg


500px.com/sekinetoshikazu

[edit]

page top

 

2016

03/02

Wed.

14:31:04

<花写真>2016年版 

Category【<花写真>

<花写真>2016-5.6 イエイオン

2016-7hp.jpg
2016-6hp.jpg


500px.com/sekinetoshikazu



[edit]

page top

 

2016

01/26

Tue.

11:22:34

<花写真>2016年版 

Category【<花写真>

<花写真>2016-1.2.3.4 ユリオプスデージー


2016-1hp.jpg
2016-2hp.jpg
2016-3hp.jpg
2016-9hp.jpg


500px.com/sekinetoshikazu

関根俊和(sekinetoshikazu)on Twitter

[edit]

page top

 

2015

09/14

Mon.

10:34:02

花撮り物語<花切手2015-12>*クレロデンドラム 

Category【花撮り物語

D800E.2015-5-26 2aaahp
D800E.2015-5-26 1aaahp
D800E.2015-5-26 3aaahp
D800E.2015-5-26 4aaahp

2015/5/26~29。自宅撮影。

二つとも、初めて見るお花。クレロデンドラムとフィゲリウス。名前が、覚えられない。

クレロデンドラムは、英名では、ブルー・バタフライ・ブッシュ、その名の通り、お花の形が、蝶に似ている。

葉は、まとまって下のほうにあり、紫の花が長い茎に、たくさんついている。豪華な感じで、一目で気に入った。

ところが、写真を撮ってみると、アブラムシがいっぱいついている。迂闊だった、と悔やんだ。はたまた、園芸店に返品しようか、などとすこし腹が立ったりもした。

ま、気持ちを取り直して、天眼鏡で確認しながら、極小のアブラムシを、一匹づつ、きれいにふき取った。

写真のほうは、数度違う角度で撮り、三回目には、気に入ったモノが撮れた。陰影やコントラストを重視して、蕊の多少の白飛びは容認した。

一方、フィゲリウスのほうは、何度挑戦しても、モノにできなかった。

茎から、ピンクの烏賊が、たくさん垂れ下がっているような作りで、面白いのだが、どうしても絵にできない。

数日たち、この暑さのせいか、かわいいピンクのイカ君たちが、ぼとぼと落ち始めた。

あとには、長いシベが一本残っていて、おそらく種ができているのだろう。残念だが、写真はお蔵入りだ。


500px.com/sekinetoshikazu

関根俊和(sekinetoshikazu)on Twitter

[edit]

page top

 

2015

06/11

Thu.

10:19:11

花撮り物語<花切手2015-9.10>*ブルースター・サンブリテニア 

Category【花撮り物語

D800E.2015-5-11 2aaahp
D800E.2015-5-11 1aaahp
D800E.2015-5-18 1aaahp

2015/05/11。自宅撮影。

買ってきたのは、ブルースターとサンブリテニア、両方とも、初めて見るお花。小さくて、かわいい。

ブルースターのほうは、その日のうちに、まずまずのものが撮れた。

いっぽう、サンブリテニアは、何度撮ってもダメ。お花自体に魅力がない、責任転嫁して、気持ちをなだめた。

諦めてから、一週間ほどたった。朝の水やりは続けていたが、内心、枯れるのは時間の問題、と思っていた。

ところが、真夏日が数日続いたにもかかわらず、買った時よりも、枝先に、お花が密集してきた。

見た目によらず、意外に、丈夫なお花。今一度、カメラを向けた。


500px.com/sekinetoshikazu

関根俊和(sekinetoshikazu)on Twitter

[edit]

page top

 

2015

06/01

Mon.

15:16:47

花撮り物語<花切手2015-7.8>*アッツザクラ・リモニウム 

Category【花撮り物語

D800E.2015-5-13 1aaahp
D800E.2015-5-12 1aaahp
D800E.2015-5-13 2aaahp
D800E.2015-5-6 1bbbhp

2015/05/6~13。自宅撮影。

四月に写真撮影を再開した。

月曜日に、行きつけの園芸店へ行き、気に入ったお花を二鉢買う。週末までには、必ず花切手にまで仕上げる。これを日課にした。

今週は、リモニウム・ペレジーとアッツザクラ。

二つとも、かなり難儀したが、時間をかけて、何とかモノにした。

アッツザクラのほうは、いったんは諦めかけたが、ふと、ひらめいたことがあり、かなりの日数がたってから、撮り直し、花切手にすることができた。

心が揺らぐ、ということが必要。なにかを感じることができる写真、もっと情緒的であってもいい。

じつは、アメリカの画像投稿サイト=<500px>での、ポイント上位の写真を見ての感想だ。いったい何が、美しいのか、ひさしぶりに、まじめに考え、すこし謙虚になった。


500px.com/sekinetoshikazu

関根俊和(sekinetoshikazu)on Twitter

[edit]

page top

 

2015

05/29

Fri.

18:18:36

花撮り物語<花切手2015-5.6>*フレンチラベンダー・カラー 

Category【花撮り物語

D800E.2015-4-28 2aaahp
D800E.2015-4-28 1aaahp

2015/04/27~28。自宅撮影。

今週も、行きつけの園芸店で、お花を二鉢買ってきた。

黄色のカラーは、一目見て気に入った。とはいえ、撮るのに、かなり難儀した。

二つお花が咲いている。並んでいるところを、正面から撮ったが表情がない。見ていて、何も感じない。

悪い癖で、ついつい真正面構図になってしまう。曲線をもっと意識すれば、感情や情緒が表現できるはずだ。それに、背景、サテン布だけでは物足りない。ためしに、まだたくさんお花をつけているヘリオフィラを置いてみた。

フレンチラベンダーのほうは、主役のお花を選び出し、ほかのお花たちに脇を固めてもらった。つんと伸びた花姿、てっぺんの紫の花びらが特徴的で、とてもかわいい。

自宅のミニスタジオでの写真撮影、ちかごろは、だいぶ慣れてきた。お花の色や形の美しさを、もっと精度を高くして表現する。いったんはあきらめかけたことだが、もう一度挑戦してみよう。


500px.com/sekinetoshikazu

関根俊和(sekinetoshikazu)on Twitter


[edit]

page top

 

2015

05/15

Fri.

18:27:22

花撮り物語<花切手2015-3.4>*オダマキ・ヘリオフィラ 

Category【花撮り物語

D800E.2015-4-20 2aaahpD800E.2015-4-23 2aaahp
D800E.2015-4-23 1aaahp
D800E.2015-4-23 4aaahp
D800E.2015-4-23 3aaahp
D800E.2015-4-20 1aaahp

2015/04/20-23。自宅撮影。

園芸店で、オダマキとヘリオフィラを買ってきた。

<苧環=オダマキとは元来、機織りの際にカラムシ(荢)や(麻)の糸を巻いたもの>。なるほど、お花の形が、何本かの突起の出た糸巻に似ている。

ヘリオフィラのほうは、アブラナ科の植物。ブルーのお花がたくさんついている。葉っぱがないので、ちょっと見、ドライフラワーのよう。一目みて気に入った。

浅黄色のオダマキのお花は、くねった細い茎の先についている。形が面白いので、一輪、きれいなものを選んだ。構図が作れないので、背景に、ヘリオフィラをぼかして入れた。画面が、少し豪華になった。

一方、ヘリオフィラのほうは、何度も撮り直しをした。密集した小さなお花、撮るのが非常に難しい。こういう時は、中心部でなく、周辺部に目を向けろ。

とはいえ、密集している姿が、このお花の命。小さなお花一輪では、画面が持たない。かなり頑張ったが駄目。ためしに、霧を吹いて、水滴をつけた。

お花の色と形、その花姿が主題なのだが、ときには遊び心、花弁の水滴がきれいに撮れた。


500px.com/sekinetoshikazu

関根俊和(sekinetoshikazu)on Twitter

[edit]

page top

 

2015

05/02

Sat.

17:49:57

花撮り物語<花切手2015-2>*サクラソウ 

Category【花撮り物語

D800E.2015-4-15 3aaahp
D800E.2015-4-15 1aaahp
D800E.2015-4-15 2aaahp

2015/04/15(水)晴れ。暖かい。智光山植物園、十時半から十二時半。

入口通路の花壇、オレンジ色で釣鐘型、珍しいお花を数日前に発見した。あいにく、撮る時間がなかったので、今日、撮るのを楽しみにしていた。だが、遅すぎた。あ~あ、萎れている。

ちょっと、気持ちがしらけてしまった。強風、お花が撮れるような状況でもない。

ぶらぶらと、管理棟のほうへ移動。写真展をやっているようなので、入ってみる。ま、それよりも、窓際に並んでいる鉢植え、いろいろな種類のサクラソウが目的だ。

念のため、事務所で、撮影の許可をもらう。問題ないということなので、三脚などを取りだし、ゆったりした気分で撮り始める。

床に置いてある鉢植え。カメラに、変倍ファインダー取り付け、ミニ三脚を使用。久しぶり作業だが、手順などはスムーズ、一度習得したことは、体が覚えていた。

それに、週三日の、ジム通いで足腰が強くなっている。小一時間、低い姿勢での撮影、ほとんど疲れを感じなかった。


500px.com/sekinetoshikazu

関根俊和(sekinetoshikazu)on Twitter

[edit]

page top

 

2015

04/26

Sun.

20:29:30

花撮り物語<花切手2015-1>*スズランスイセン 

Category【花撮り物語

D800E.2015-4-13 2aaahp

2015/04/13(月)小雨、肌寒い。自宅撮影。

久しぶりの自宅撮影、庭花のスズランスイセンを摘み取り、吸水スポンジに、一本一本差しながら、構図を作る。

釣鐘型の白いお花、花弁の先に緑の斑点がついている。オシベもメシベも見えず、地味な感じ。とはいえ、茎に並んで枝垂れている姿がかわいい。背景は、赤系統にしよう。

よく見ると、泥などですこし汚れている。綿棒をぬらし、そっとなでるように、きれいにした。霧吹きも使い、これで、準備は完了。

外は、小雨がふっている。ミニLEDライト六灯では、露出が足らない。ふと、思いつき、いまだに使いこなせていない、スピードライトをカメラに装着した。

むろん、直で当てることはしない。天上や背景のサテンなどにバウンスして、様子を見た。ま、ないよりはまし。

とはいえ、機械の調整の仕方がちんぷんかんぷん、モノにできれば、撮影の幅が広がるはずだ。あとで、説明書と格闘してみるか。

久しぶりの自宅撮影。時間があっという間に過ぎ、昼過ぎになっていた。心持ち、腹が空いた。お菓子などを頬張りながら、画像をパソコンの画面に映し出した。なんとかモノになりそうだ。


500px.com/sekinetoshikazu

関根俊和(sekinetoshikazu)on Twitter

[edit]

page top

 

2015

04/19

Sun.

20:12:30

花撮り物語<花切手2014-37>*フクシア 

Category【未分類

14hp114a.jpg
14hp115b.jpg
14hp116b.jpg
14hp117.jpg14hp117.jpg

2014/11/03(月)晴れ。自宅撮影。

撮影用に買ってきた、鉢植えのお花、フクシアだけが、いまだに枯れないで、花を咲かせ続けている。

はじめのうちは、花が小さく、形もよくなかった。毎日、水やりだけはしていたが、ある時ふと、光合成、という言葉を思い出した。水と光と二酸化炭素、なるほど、光が足りなかったわけだ。

というわけで、日当たりの良いところに置くように心がけた。その甲斐あって、数は少ないが、立派なお花が咲いた。

以前にも、撮っているので、相性の良い背景色だけを選んだ。一輪だけではさびしいので、二つある蕾の横に、上から、そうっと垂らした。

フクシア、細い茎から、すっと下へ向かった花姿、やはり、これが一番美しい。



500px.com/sekinetoshikazu

関根俊和(sekinetoshikazu)on Twitter

花撮り物語<花切手2014年版>

[edit]

page top

 

2015

04/13

Mon.

17:40:36

花撮り物語<花切手2014-36>*ノボタン 

Category【花撮り物語

D800E.2014-10-25 1aaahpD800E.2014-10-25 3aabhpD800E.2014-11-1 3aaahp
D800E.2014-11-1 1aabhp
D800E.2014-11-1 2aabhp
D800E.2014-10-25 2aabhp


2014/10/25(土)晴れ。自宅撮影。

ノボタンの花、紫色の大きなお花で、蕊に特徴がある。

園芸店で、気に入って買ってきたのだが、何回も、撮り損ねている。ほとんど諦めかけていた。

一週間ほどたって、たくさんついている蕾の一つが開いた。やはり、真正面の姿が、一番いい。

ダメもとで、またカメラを向けた。花弁と蕊の両方をちゃんと見たいので、絞れるだけ絞って、f値は22。画面いっぱい、やや右にふって、日の丸構図を避けた。

背景色は、青、黄色、緑。黄色が本命と思ったが、露出の関係なのだろうか、今回は、青が一番きれいに撮れた。

ネット検索すると、常緑低木で、三メートル以上になるという。原産地は中南米。今は、三十センチほどの、鉢植えだが、この先、自分に育てられるのか、心もとない。



500px.com/sekinetoshikazu

関根俊和(sekinetoshikazu)on Twitter

花撮り物語<花切手2014年版>

[edit]

page top

 

2014

11/08

Sat.

12:50:51

花撮り物語<花切手2014-35>*大文字草=ダイモンジソウ 

Category【花撮り物語

14hp96a.jpg
14hp99a.jpg
14hp106a.jpg
14hp102a.jpg
14hp103b.jpg
14hp104b.jpg
14hp105b.jpg14hp98a.jpg
14hp95b.jpg
14hp97bjpg.jpg


2014/09/29(月)晴れ。自宅撮影。

いつもの園芸店で、ダイモンジソウをふたポット買った。濃いピンクと薄いピンク、どちらも、名前の通り、花弁の形が大の字に見える。

もともとは、山野草なのだが、色や形を改良して、鑑賞用にしたものだ。茎の先に、たくさんのお花をつけている。

切り取って、吸水スポンジに差すには、あまりにも茎が細い。ポットを、そのまま、鉢植えに入れて、しばらく、眺める。

お花は、どれもみなかわいい。とはいえ、かなり密集しているので、どうやって、フレームに収めるのか、やはり、横位置だろう。

絞り込むと、画面が乱雑になる。主役のお花くらいは、花芯と花弁に、ピントを合わせたいのだが、そうもいかない。

念のために、絞りをf22からf4まで、段階的に撮っておいた。

撮影後、パソコンの画面で、じっくり見る。f8くらいがちょうどよい。適度なボケ味で、画面が優しくなっていた。


500px.com/sekinetoshikazu

関根俊和(sekinetoshikazu)on Twitter



[edit]

page top

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。